おすすめのGoPro純正アクセサリー5選

GoPro純正アクセサリー

GoProのアクセサリーは本当にたくさんあって、何を買っていいのか迷ってしまいます。できれば自分の目的にベストマッチするアクセサリーを少ない数で揃えたいというのが本音です。でも使ってみなければ、どのアクセサリーがいいのかなかなかわからないというのが難しいところです。

そこで、Review Walkerがこれまでに買ったGoProの純正アクセサリーの中で、自分の目的にあった物をランキングにして紹介しようと思います。「自分の目的にベストマッチ=出番×満足感」と言えると思うので、出番が多いことと満足感が大きい物が自分にとって便利なアクセサリーであるはずです。そして、それらは皆さんにもおすすめできると思います。

Review Walker独自ランキング

Review Walkerは、2017年のGoPro HERO5 BlackからGoProを使いはじめました。その後、HERO6、HERO8と乗り換えています。アクセサリー類は、基本的には純正の物をメインで買っています。元来、純正好きという理由もありますし、純正にしておけば間違いがないという安心感という理由もあります。

今回紹介するのは独自ランキンングです。アクセサリーについて深くは調査していません。Review Walkerがこれまでに買った純正アクセサリーについて、全くの主観で気に入っているものを列挙しました。そうは言っても、適当に列挙したわけではなく、実際に所有しているアクセサリーの中から、これまでの経験に基づいて列挙しています。

第5位 3-Wayカメラマウント

まずは3-Wayカメラマウントをご紹介します。いわゆる自撮り棒です。これを買う時、結構悩みました。伸ばしたときの微妙ないびつさとか、伸縮式ではなくて折りたたみ式であることとか、そう言ったことでこの出番があるのかなって思ったのです。

でも、3-Wayカメラマウントの出番は意外と多いです。例えば、ローアングルで持ち歩いて撮影をする時に、折りたたみ式のおかげでカメラの位置をいい感じに固定することができます。

さらに、グリップにミニ三脚が内蔵されていて、これがとても便利です。例えば、テーブルの上にGoProを固定する時には、このミニ三脚が非常に役に立ちます。GoProをテーブルの上において撮影する時に、カメラのアングルを少し上に向けたいということはよくあります。反対に、少しだけ上から撮影したいということもよくあります。ミニ三脚をそれだけで使えば、テーブルから低い位置でカメラを固定できます。ミニ三脚をグリップにつけてテーブルにおけば、テーブルからの高さを稼げます。

結局、出番が意外と多く、満足感も十分という感じで、自分の中では高評価になっています。

GoPro 3-Way AFAEM-001

価格:9,900円
(2020/2/9 20:38時点)

第4位 デュアルバッテリー充電器+バッテリー

デュアルバッテリー充電器+バッテリーを紹介します。

GoProのバッテリーは、カメラ本体にUSBケーブルを繋いで充電することができます。でもこれはバッテリーが一個だけの場合です。実際にGoProで撮影する時には、予備のバッテリーを持っておくことはとても重要です。

デュアルバッテリー充電器+バッテリーは、買ってよかったなぁというよりも、ある意味必須というようなアクセサリーでした。出番はとても多いというか、ほぼ毎回というほどです。

結局のところ、この充電器の出番は最多です。一方、満足度は評価し難いところがあります。これを使うしかないので、「あってよかったなぁ」と満足感を味わうというよりも、「なきゃダメ」と言った必須感とでも言う感覚です。

GoPro デュアルバッテリーチャージャー HERO8/HERO7/HERO6 対応 AJDBD-001-AS

価格:7,150円
(2020/2/9 20:39時点)

第3位 Supercharger

Superchargerを紹介します。

これはUSB Type AとType Cの電源ポートをそれぞれ1つずつ持った急速充電対応の電源アダプタです。純正好きなので、私の場合は、GoPro用の電源アダプタと言えばこれ一択でした。

実際に使ってみると、USB Type AとType Cを同時に給電することができるので、結構な頻度で「これ持っててよかったなぁ」と思うことが多いです。例えば、デュアルバッテリー充電器にはType Cで給電しつつ、Type AをiPhoneの充電に使ったりしています。

Superchargerは、出番もさることながら、結構満足度が高いアクセサリーです。

GoPro Supercharger 国際デュアルポート充電器 AWALC-002

価格:6,926円
(2020/2/9 20:41時点)

第2位 Casey カメラ + マウント + アクセサリー ケース

Caseyカメラ+マウント+アクセサリーケースを紹介します。これは、いわゆるハードケースです。

内側は柔らかい素材になっていてカメラやアクセサリーに傷が付きにくくなっています。外側はカッチカチというほどではないですが、内容物を保護するには十分な硬さのある素材です。

GoPro本体、リモートコントローラー、充電器、Supercharger、3-Wayなどのお出かけセットをコンパクトにまとめて入れられる作りになっています。そして、小さめな本体やアクセサリーの一つずつに対してセパレーターがあるので、それぞれを傷がつかないように入れておけます。セパレーターは柔らかい素材でできているので、持ち歩いていても衝撃が直にカメラやアクセサリーには伝わりにくい感じです。

出番はもちろん毎回ですし、満足感が高く、その上これひとつでしっかり仕事をしてくれてる感もあって、自分の中ではかなり評価が高めです。

GoPro Casey カメラ/マウント/アクセサリーケース ABSSC-001

価格:7,150円
(2020/2/9 20:43時点)

第1位 Jawsフレックスクランプ

堂々の1位はJawsフレックスクランプです。バネが強力で大きめなクリップと、そこから伸びているフレキシブルな棒という作りです。

そもそも、雪遊びの時に、ソリの先頭につけて自撮りをする目的で買いました。これは正解でした。ソリにクリップで固定できて、フレキシブルな棒部分をいい感じで曲げられたので、ソリで遊んでいるところをバッチリ撮影することができました。ところで、このフレキシブル部分は、フレキシブルな割には、ソリで滑った位ではびくともしないほどしっかりした強度もあります。

利用シーンはそれ以外にもたくさんありました。固定部分がクリップなので、結構どこにでも固定できるという点で、かなりJawsはとても便利なアクセサリーでした。自宅で撮影する時に、Jawsを使ってGoProをテーブルや椅子の背に固定することは結構多いです。屋外で撮影する時にも、カメラを固定して撮影したい時には、Jawsでどこかにクリップで挟んで固定すると都合がいいことが多いです。棒部分がフレキシブルなのでクリップで挟む向きはアバウトでよくて、カメラのアングルはフレキシブルで調整できるという、とても良くできたアクセサリーです。

もちろん出番は毎回ではありませんが、頻度はかなり高めです。一方、満足度はとても高いです。「これ持っててよかったな」という程度ではなくて、「ああ、もうこれ優秀すぎる」と言った満足感です。

GoPro Jaws フレックスクランプ ACMPM-001

価格:6,926円
(2020/2/9 20:45時点)

まとめ

まずおすすめと言ったら、やっぱり1位のJawsフレックスクランプです。GoProをどこかに固定して撮影したいのであれば、かなり出番の多いアクセサリーです。さらに、雪遊びのソリなんかに固定することのように、動くものに固定する時にも活躍してくれます。もう一つ何かと言えば、2位のCaseyです。お出かけセット一式を入れるのにちょうど良いサイズ感で、その上しっかりとしたケースなので安心感もあります。お出かけセットのCaseyをバックパックに放り込んでしまえば出発準備が完了するという手軽さが魅力です。

About Whiterabbit 14 Articles
教育系の博士。ガジェット大好きでライフハック好きな編集長です。娘をバイリンガルに育てようとあれやこれや画策中です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*