バイリンガルに育てると英語と日本語が混ざる?

子供をバイリンガルに育てるという話題では、英語と日本語が混ざってしまうので、日本語をしっかりと習得してから英語を教えた方がいいという話を聞いたことがあります。本当にそうなのでしょうか?私は言語系の専門ではありませんので学問的な意味での断言はできませんが、バイリンガルの友人との会話と、バイリンガル子育て中の進行形の実証結果をご紹介したいと思います。

英語は英語、日本語は日本語らしい

友人のバイリンガル女子

私の友人にバイリンガル女子(父親が米国人、母親が日本人)がいます。この友人は、英語も日本語もネイティブです。どちらの言語を話すときも、全くアクセントに訛りがなくて綺麗に喋っています。

この友人に、バイリンガルは英語と日本語が混ざるのか質問したことがあります。その友人によると、英語と日本語は混ざらないのだそうです。どちらの言語でも、そのまま理解できると言っていました。

友人と会話をしていると、そうは言っても、得意な言語があるのだろうとは思いました。私と会話をするときは日本語で話をするのですが、「こんなことがあったのよー、信じられるー?」みたいに少しテンションを上げたいときに瞬間的に英語を使っていました。

友人のバイリンガル女子の弟

その友人には弟さんがいて、弟さんもバイリンガルです。友人は弟さんにまつわるこんなエピソードを教えてくれました。

弟さんがまだ幼稚園に通っていた頃のことです。弟さんに「鳥を英語では何ていうの?」って日本語で質問したのだそうです。すると弟さんは「トゥリー」と冗談で返したのだそうです。

つまり、英語と日本語が混ざっているどころか、言葉の違いとアクセントの違いを理解していて、わざとジョークを言うために日本語の鳥を英語っぽいアクセントで話して返しているのです。これは、バイリンガルが日本語と英語をごちゃ混ぜにしていないということかなと思っています。

我が家のバイリンガルガール

我が家の娘は英語がメインで日本語が第二外国語です。

娘の話し方では、やっぱり英語と日本語は混ざっていません。英語の会話では英語を話し、日本語の会話では日本語を話しています。でも、英語でしか知らないことを言いたいときに限って、日本語の会話の中でも英語を入れることがあるみたいです。

まとめ

私の身近なバイリンガル3人の例についてご紹介しました。どの例でも、バイリンガルに育ても英語と日本語が混ざってしまったような例はありませんでした。もちろん、専門的な知見というものがあるのかも知れませんが、実証的にはバイリンガルに育てても英語と日本語が混ざらないという結論です。皆さんのご参考になれば幸いです。

About Whiterabbit 14 Articles
教育系の博士。ガジェット大好きでライフハック好きな編集長です。娘をバイリンガルに育てようとあれやこれや画策中です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*