3PプラグをL型2Pに変えられる

これまで使っていた3P>2P変換アダプタ

自宅に3Pの電源プラグを、これまでは通称豚鼻(またはぶたっぱな)と呼ばれる3P>2P変換アダプタを使って電源コンセントへ繋いでいました。

しかし、そもそもテーブルタップのケーブルが太くて取り回しが悪かったのですが、豚鼻をつけることでプラグ周辺が長くなってしまって、コンセントからかなり長く横に飛び出すような格好になっていました。

その上、ケーブル自体の重みから次第に下に下がってきて、プラグが抜け落ちてしまうということもしばしばありました。

今回はこれを解決する商品を見つけたので、購入して使ってみました。

TAP-AD11はL型で抜け止め付き

これはいいです!

サンワサプライの3PプラグをL型2Pに変えられるアダプタ、TAP-AD11を購入しました。

なんとTAP-AD11は3Pのメス側が抜け止め方式になっています。ですから、接続後は3PオスがTAP-AD11から不用意に抜けることがありません。

探していたのはまさにこれでした。プラグがL型になっているので、壁の電源コンセントへ接続すれば、3P側は壁沿いにまっすぐ下向きに垂らすことができます。豚鼻の時のように、壁からの立ち上がりがないので、狭い空間でも問題ありません。L型になっているのでケーブルの重さは電源コンセントに受け止められ、ちょうど電源コンセントにぶら下がるようになります。

我が家では、壁際に引き出しを置いていて、壁との隙間に電源があるのですが、このプラグのお陰で隙間の空間だけで問題なく電源を使えるようになりました。さらに、抜け止め方式になっているので、狭い空間に設置した後で不用意に抜けてしまうこともなく、安心して電源を使えるようになりました。

まとめ

3Pを2Pに変えられるいいアイテムはないものかと探し回っていたら、こんないい物を見つけました。元々は、よくある首振りタイプの豚鼻があるのではないかと探していました。なかなか見つからないので、電源コンセント直付けの3P>2Pとか探したりしました。最終的に見つかった今回のアイテムは、一番自分のニーズにあったものでした。

サンワサプライ L型2P→3P変換アダプタ TAP-AD11

価格:441円
(2020/2/12 18:59時点)

About Whiterabbit 14 Articles
教育系の博士。ガジェット大好きでライフハック好きな編集長です。娘をバイリンガルに育てようとあれやこれや画策中です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*