GoPro HERO8 Blackは手振れ補正も強力で頼もしい

GoPro HERO8 Blackを購入しました。これまでHERO5 BlackとHERO6 Blackを使っていたので、今回購入したGoPro HERO8 Blackは私の3代目のGoProです。特に理由はありませんがGoPro HERO7 Blackはスキップしていました。HERO7の時のHyperSmoothがとても気になっていたので、HERO8のHyperSmooth 2.0が乗り換えの決め手かもしれません。

GoPro HERO8 Blackを購入した理由

そもそもGoProを買っているのは、子供を撮影することが主な理由の一つです。子供が小さい時の様子を動画で記録して、大きくなった時に子供にプレゼントしようと思っています。ですから、GoProを買うこと自体はとりあえず必須だと考えています。

今回GoPro HERO8 Blackを購入した最も大きな理由はHyperSmooth 2.0です。HyperSmoothはGoPro HERO7 Blackに初めて搭載されて、とても良い言う評判でした。私はKarma Gripを持っていたので、手振れ補正に関してはそれほど問題を感じていませんでした。でも、GoProを持ち出すときにはいつも必ずKarma Gripを一緒に持ち出さなくてはいけないので、その度に少し邪魔に感じていました。また、Karma Gripを使う前にはKarma Gripを充電しておかなければいけませんでした。そこで、HyperSmoothでKarma Gripが無くてもGoProで撮影できるようになればいいと期待しました。

HyperSmooth 2.0の手振れ補正がすごい

HyperSmooth 2.0はこれまでの手振れ補正をさらに強化させました。実際に使ってみると、本当によく補正できていると感じます。

HYPERSMOOTH 2.0 ビデオ安定化機能
HyperSmooth 2.0 (ハイパースムーズ 2.0) は、カメラの揺れを修正することで、非常に滑らかなプロ仕様の映像を実現します。録画中にビデオをクロップして映像をバッファーすることで、衝撃や手ブレを防ぎます。サイクリング、スケート、スキー、手持ち撮影などに最適です。

出典:GoPro HERO8 Black取扱説明書P.120

これまでHERO6にKarma Gripをつけて手振れ補正していたので、本体だけになることで取り回しが大変良くなりました。子供の動きは予想がつかず、突然面白そうな撮影タイミングが来ることが多いです。バッグにしまったり、取り出したり、Karma Gripに取り付けたりと、撮影のプロセスが多すぎて、なんとかならないものかといつも感じていました。今回HERO8に乗り換えたことで、それらが一掃されて、いつでもすぐに撮影を開始できるようになって、本当に良かったと思っています。

GoPro HERO8 Blackの弱点

USBケーブルを接続中のGoPro HERO8 Black

GoPro HERO8 Blackでは、ドアが一つだけでバッテリーとUSB Type-Cポートにアクセスできるようになりました。ところが、ドアが一つということにはデメリットもあります。充電しながら撮影するときに、ドアを開けていなければならなくなりました。ドアにはバッテリーを固定する役割もあるため、ドアを開けているとバッテリーが外れてしまいそうです。

以前のGoProでは、サイドドアからはUSB Type-CポートとマイクロHDMIポートにアクセスできましたが、バッテリーへのアクセスは底面のバッテリードアからでした。充電しながら撮影するときにはサイドドアを開けていなければいけませんでしたが、バッテリードアは閉めていられましたので、バッテリーには影響がありませんでした。

この弱点を解消するために、Ulanziというメーカーが販売しているULANZI G8-7 GoPro 8 Chargeable Battery Lidというパーツを買いました。これについては改めて別の記事で紹介します。

まとめ

これまで使っていたGoPro HERO6からの変化はかなりあって、HERO8へ乗り換えて本当に良かったです。撮影したいタイミングはいつ来るか分からないので、撮影を開始するまでの手間はできる限り減らした方が良いです。今回HERO8へ乗り換えたことで、いつでもすぐに撮影を開始できるようになりました。

撮影目的の一つは子供の成長記録です。子供の成長は待ってくれないし、日々の楽しかった出来事を少しでも多く残してあげたいと思っているので、撮影機材はあまり古くならないうちに、その都度アップグレードしていきたいと思っています。

About Whiterabbit 14 Articles
教育系の博士。ガジェット大好きでライフハック好きな編集長です。娘をバイリンガルに育てようとあれやこれや画策中です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*